このエントリーをはてなブックマークに追加

独立の必修科目 投資経験

僕は個人投資家として5年ほど株式投資をしてきましたが、その中で得ることは非常に多くありました。

独立を志向するようになったのも投資経験からです。

 

投資は怖くない

日本人はなぜか投資、資産運用というと嫌厭しがちであったりしますが、投資は非常に多くの経験を与えてくれる楽しいことです。

家も家族もすべて失ったり、借金までといった恐怖があるのかもしれませんが、普通に運用していればそこまでの大損はしようとしてもできません。

株式投資であれば比較的安全で、現物(手元資金で買うだけ)であれば最悪失っても投資金額だけであり、そのような大損は投資した会社が倒産しないと起こりえません。

僕は信用取引(手元資金以上の投資)をしているので大損の経験はありますが、失っても投資資金までで収まっていますし、良い経験であったと思っています。

 

投資は社会勉強

投資するということはその対象や周りのシステムを知る必要があるということであり、必然的に勉強の機会が設けられるわけです。

なんだか難しい指標や数字がいっぱいのようなイメージかもしれませんが、普通にしていれば覚えます。

自分の大切な資金がかかっているので勉強しないことが恐怖に感じられて、自然とあれこれ調べだすと思います。

ですが、わざわざこのような環境に身を置くことで得られるものは他の手段では起業してしまわないと得られない物ばかりです。

投資対象の会社の決算書を見てその良し悪しや危険なポイントがないか常にチェックしてその業界、会社単体から今後の成長や安定を予想する作業を投資家は行っています。

ここでたくさんの会社の決算書を読むという行為をしていますが、これはそのままその会社や業界を読むということをしているのです。

いろいろな業界に触れて、儲かるかどうか考えるなんて他ではあまりできない経験です。

就活で見る視点とは違った、経営者の視点で会社を見通す目が必要になってきます。

 

何が見えるか

このような視点で会社を見て投資対象を決めるということはいつどのタイミングで「リスクをとるか」決めることでもあります。

上記では会社の内面を見ることを書きました。

これは儲かる会社(事業)を見極める訓練になります。

それに対して、もう一つ重要なポイントが買う(売る)タイミングの見極めです。

これを見極めるためには相場の地合い(日経平均、TOPIXなど)や。その会社自体が実態よりも評価されているのかいないのかをしっかり判断する必要があります。

つまりは大局を見て動くか、動かざるか判断することになり、常にその訓練をしているのです。

経済的な知識以外にも「リスクをとるか」といった視点ができてきます。

 

メンタルの壁

「リスクをとるか」といったことはじゃあすぐに判断できるのかというとやってみるとなかなかできないものです。

何もかかっていないのであれば論理的で合理的な判断も難しくないでしょうが、ここでやっているのは投資です。

投資には少なくない資金を投入しており、一瞬で数千円や数万円の変化は当たり前におきます。

僕の経験した中では400万円の資本で、5分間で80万円の変動も経験しています。(信用取引)

上がるにしろ下がるにしろこの状態で的確に判断できるでしょうか。

なかなか即決即断の訓練をしていないと難しいと思います。

まだ上がる、どうせ戻るといつまでたっても売る判断ができないことを初心者は経験することになると思います。

このようなときにもぶれずに自分の信念に従って動くことが求められるのだと相場では痛感させられます。

 

独立を目指すには

独立するならば投資か経営の実経験は必須だと僕は思います。

リスクの判断は実経験を重ねないとメンタルの壁で動けなくなることが良くあります。

問題があっても即決即断で動けてこそ独立に向かえるのだと考えて僕は今日も株式市場で勝負をしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です