このエントリーをはてなブックマークに追加

屋号がなくても大丈夫!モノタロウを個人で使う

現場の味方モノタロウは素晴らしい品ぞろえの工具や部材の販売店です。

プロ向けのサイトであることから、非常に細かい一般では簡単に手に入らない部材や資材のロット買いも可能です。

僕は個人(事業主)として良く利用しているサイトです。

 

現場のAmazon

一言でモノタロウを表すと現場のAmazonで品ぞろえの数がとにかくすさまじいです。

一般向けのAmazonでは絶対に取り扱っていない小さな部材(配管修理とか)や梱包材など完全に業務用の資材もモノタロウで探せば大体見つかります。

そのため、DIYerにもとてもお勧めできるサイトだと思いますが、「個人向けのサイトではない」とサイトのQ&Aにかかれており、「一般では使えないのかな」と思うかもしれません。

ですが、事業者は別に株式会社であったりなんとか会社であったりといった必要はありません。

あなたが事業をしていると考えていれば、あなたは個人事業主です。

サラリーマンでも個人事業主として副業をしている人はたくさんいますし、僕もブログ他で収益を得ているので個人事業主です。

また、○○工務店のような屋号が必要で手続きが・・・とか思うかもしれませんが、開業は屋号なしでも個人名で思い立った日からすぐにできます。

(開業の行政手続きも「届け出」レベル)

実際に開業をしているかどうかの確認などもありませんし、そのようなことを証明するような書類なども存在はしません。

「開業」という行政手続きを行うのは税務上の理由(確定申告)で必要であるから行うのであって、雑所得レベルではわざわざ「開業したぞ!」と宣言する必要もありません。

あなたが開業していると思っていれば開業はできているのです。

なので、個人名、自宅住所でモノタロウを使えないといったことは全くなく、普通に登録をして買い物ができます

モノタロウで買い物を初めてしまうとオリジナルブランドのモノタロウや大阪魂の商品が家の中で大活躍することになりますよ。

 

事業者用への登録

個人向けの「IHC.MonotaRO」もありますが、定期的に発注をすることになる状態まで計画を進めたら断然事業者向けサイトの方がお得で便利です。

購入した資材がマイページに記録されているので仕入れ品が決まっているなら数クリックで発注できますし、定期的にキャンペーンをしており調達価格も抑えられます。

事業者向けサイトの登録には個人名と自宅住所で大丈夫で、屋号や会社名、事業所などがなくても登録、購入が可能です。

そもそも個人事業主の場合、屋号がなかったり、自宅と事業所を兼ねていたりするので問題が発生することはありませんし、普通に郵送してもらえます。

僕が購入したもので最大の物はスタイロフォーム規格材50mm厚5枚で、寸法は内寸910×1820×250の大物ですが、普通に西濃運輸さんが自宅まで届けてくれました。

また、いろいろと安く品質も良いプライベートブランド品も買えるので経費を抑えることができます。

個人事業主でモノを作ったり、郵送したりといった作業が多い人にはぜひ使ってみてもらいたいとオススメできるサイトが事業者用のモノタロウです。

 

DIYの現場で

プロが使う商品を幅広く買えるとDIYの幅がかなり広がります。

僕はリクガメの飼育に温室を使っており、その断熱にスタイロフォームを使用しています。

ですが、普通のホームセンターで買えるサイズや量は少なく、輸送するのも大変です。

そこでモノタロウ!

なんと910×1820×50mmのでかくて厚いスタイロフォームが送料無料で1ロット(5枚)届きます。

大規模に自宅改装DIYをやっている人などは一度使えばもうモノタロウのサービスなしの作業には戻れないと思います。

僕は爬虫類飼育のケージなどの作成を行っていますが、既にモノタロウなしでは作業が進まないです。

それほどまでの品ぞろえで専門的な資材の取り揃えをしているといったところは他にはないと思います。

事業者向けサービスを使い始めると個人向けの資材では満足出来なくなりますよ。

もちろん専門的な知識は必要になりますが。

 

発送の現場で

現代では商取引も多様化してネットを通して個人間でも商売を行える時代です。

いろいろと商品を用意して始めるとした場合、店舗を持たずに小規模から始めてみることが可能であり、誰でも参入していけるインフラが整備されています。

このようなネット通販を使った商取引の場合問題になるのが発送の手間と必要な発送資材です。

あまり手間と費用はかけたくないけど手抜きをした結果商品が輸送中に壊れてトラブルに・・・なんてことは嫌ですよね。

そのような場合もモノタロウで資材を探して見ると良いです。

モノタロウの価格は卸価格ですし、一般の店では手に入らないような資材がたくさんあります。

いろいろな資材を見ながらどのように梱包すれば安全で安価か、寸法などはどうか、すべてデータを見ながら考えることができます。

そしてうまく事業が軌道に乗り、大量に買い付ける場合もそのままモノタロウで仕入れれば良く、スタートからうまくいくまで常に使える仕入れ先にすることができます。

僕は月一程度で発送のための資材を買い付けています。

 

商品の説明

当たり前ですが、商品の説明はすべてプロ向けの表記であり、細かい説明などはありません。

プロならばわかって当然といった書きぶりです。(プロ向けショップですし)

その代わりに詳細なデータ、図面が提供されています。

図面があるということは、設計にも事前に使えるということですね。

これも一般の個人向けホームセンターにはないよさです。

物によりますが詳細に各部の寸法が公差も含めて表記されています。

何をどこにどのような用途で使うのか常に考える情報が与えられながら商品を選ぶことができるのは非常に新鮮で便利です。

設計しながらどの材質のどんな部材を使うか、どのような規格品を使うか自然と知識やカンがついていく作りにサイトができていて、ただ見ているだけでも飽きないようになっています。

これは、個人の趣味DIY脱却して、より高度なレベルの製品を作り、事業を始める大きな助けにもなると思います。

そこまでいかなくてもDIYerであればサイトを見ていてわくわくする商品が目白押しです。

 

資材選定

資材調達にはいろいろな方法がありますが、あれこれ考えて買うのはなかなか骨の折れる作業で結構時間が食われるものです。

ホームセンターなどの店舗に行って選んでも良いですが、設計などを考えると先に図面がほしかったりします。

買ってきたものの設計に合わず使えないとなれば資金も時間も無駄になってしまいますよね。

そんな無駄な時間はなくして、収益を最大化するための行動に時間を割きたいものです。

そこで考えると、通信販売で購入するのが最適であるといった結論に僕は至りました。

事前に寸法など必要な諸元を計算しながら調達計画を立てることができますし、何より楽です。

一度に大量の仕入れをするとかさばったり、重量が重かったりなかなか一人では大変なのです。

 

値段と仕様を見ながらすぐに設計!

定期的に仕入れる商品がある場合、モノタロウを使うことで経費と労力が削減できます。

ですがそれ以外にも大きなメリットがあって、僕は良く注文をしています。

そのメリットは部品の詳細寸法が図面からわかる州品が多く、試作段階で仕様や部品選定などまで含めた設計がPC上で完結することです。

図面データを見つつ、現実的な部品を選定して、コストを計算して、儲けはあるかどうかすべてが1つのサイトで思考できます。

設計段階でも手間が削減できるので、無駄な時間が減らせますし、設計が決まれば即注文できるのは流れがきれいでスムーズに作業が終わります。

自由にやりたいようにできる個人事業主こそがモノタロウのメリットを最大限に発揮できると思います。

 

プライベートブランド

プライベートブランドの「モノタロウ」、「男前モノタロウ」、「大阪魂」は安くて良い品を良く出しています。

家で普通に使えるような養生テープやマスキングテープが激安で売られていたり、そこまで特殊性を求めない部材であれば探せば大体あったりします。

プライベートブランドだけあって全体的に安いのは当たり前ですが、質もよく、種類が多すぎて一般品ならばモノタロウブランドでそろってしまいます。

ネジや配管などの部材は「大阪魂」で、生活用品は「モノタロウ」で、現場の整備は「男前モノタロウ」でといった使い分けで非常に商品層は多岐にわたっています。

また、プライベートブランド15%offなどのセールも良く行っているので、モノタロウユーザーであればよくお世話になると思います。

これは絶対にモノタロウでしか買えないので、これだけでもかなりのメリットがあると僕は思っています。

 

毎日のジャンルごとの割引

モノタロウでは毎日ジャンルごとに割引を行っています。

例えば、平日は「カー用品」、「安全用品」、「切削用品」などのカテゴリーで10%offとなったり、毎週土日はプライベートブランド10%off+その他5%offとなるなど割と大きな割引をしてくれています。

高価なものや数量を買う場合はこのセールのタイミングに合わせて購入をすると節約をすることができます。

モノタロウでは買い物を行っている間は税抜き表示で、決済のタイミングで税込み価格になりますので、何もセールのない状態で買うと意外と高くついたりします。

納期がある程度適当で大丈夫なものであれば、仕入れタイミングをセールにあわせて使うことがモノタロウの便利な使い方です。

 

プライベートブランド15%off

一番節約効果が大きいのがプライベートブランド15%offのセールです。

特にモノタロウブランドの商品を使っている場合は汎用品をこのタイミングに合わせて買っておくと良いと思います。

僕はこのタイミングで生活用品も一緒に買っていますが、本当にプライベートブランドは安くて高品質なものが買うことができます。

 

割引を使うことのデメリット(納期が近い場合)

便利なセールですが、一つだけデメリットがあります。

それは出荷がクーポンを適用すると遅れる場合があるということです。

急ぎで資材を調達したい場合にはクーポンの適用が可能であったとしても通常発送で買うか汎用品ならば近場で調達したほうが良いです。

インターネット通販の弱点の手に届くまでの時間は納期が決まっている場合に厳しいものがありますので、モノタロウは便利ですがやはり急ぎが多くなる場合はすぐに買いにいけるお店も確保しておくべきだと思います。

僕のような納期のないゆったりと副業でDIYをやっている個人事業主にはあまり問題はないですが、納期がカツカツな場合は注意が必要です。

 

まとめ

最近ではDIYをする人が多くなっていますが、スキルアップをするならば一般のホームセンターでは限界があります。

ぜひ個人事業主としてモノタロウに登録し、いろいろなプロ向け商品を見ることをお勧めします。

登録をしてしまえば危険物や試薬以外はほぼ全てもモノが制約なく購入することができます。

試作品から家の中の消耗品、販売する商品までありとあらゆるものでお世話になることでしょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

One comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です